このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸マンションに関して

以前の賃貸物件は圧倒的にアパートが多かったのですが、最近では、アパートよりも賃貸マンション物件が多くなっています。
アパートと言えば、古い、間取りが狭い等のイメージがあり、マンションはきれいで快適な生活ができると言ったイメージがあります。
どちらも賃貸と言う意味では同じなのですが、アパートの方が家賃が安いと言うイメージもあります。
では、アパートと賃貸マンション物件に違いは何かと言うと、アパートは階数2階までの建物が多いのに対して賃貸マンションの場合は、階数に制限がなく、高層マンションも多くあります。
賃貸マンションとアパートのそれぞれのメリットを上げるとすれば、アパートに住むメリットは、環境の良いエリアに安い家賃で住む事が最大のメリットです。
また、家賃の他にも、管理費や共益費も安い値段となっており、さらに、駐車場の値段も低く抑えている物件が多くなっています。
賃貸マンションのメリットは建物の構造がしっかりしている事や、設備が充実しており、さらに、セキュリティ面でも安心して暮らせると言えます。
構造がしっかりしていると言う事は、地震等にも強い構造となっており、設備面では、火災や水漏れ等の感知するセンターが設置されています。
また、セキュリティ面では、エントランスホールのドアはオートロックになっており、マンションに無関係の人は、入れない仕組みになっているので、安心して生活する事ができます。
また、マンションのタイプも多く、最近で、一人暮らしにあっているワンルームマンションや1LDKのマンションも増えているので、独身者や学生でもマンションで生活できるようになっています。
この様に、賃貸アパート、賃貸マンションにはメリットがあるので、一概にどちらが良いかと言えないのですが、安心やサービス等を優先させるのであれば賃貸マンション物件がお勧めで、逆に安心よりも安い家賃を優先するのであればアパートがお勧めと言えます。
Copyright (C)2014賃貸情報誌を活用する.All rights reserved.
  • 最近は、賃貸マンションに住みたいと思う方は増えているので、ここで、賃貸マンションに関する様々な情報をお届けしますか。
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]住まい探し